2012年7月から3ヶ月間シンガポール滞在記

アクセスカウンタ

zoom RSS 20120927チトワン国立公園でエレファントサファリを楽しむ(3日目の後編)

<<   作成日時 : 2012/09/27 16:05   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012年9月16日(日)


ヒルに噛まれたショックから立ち直って午後からはエレファントサファリです。
こんなカレー味のコロッケとポテト等の昼食を食べます。
画像

最初は象に乗ると書いてあったのでその辺を少し回る位に考えていました。
画像

バナナをもらって、
画像

少し間隔を置いて順番に出発です。
4人乗りで女性は前に乗せてくれます。
男性は後ろで乗るのにも狭くて大変です。
画像

この姿はネパールの郊外でよく見かけました。
草を刈ってヤギにやります。
画像

浅い沼を抜けて、
画像

少し深い所は前足をかがめるように、
画像

前方に猪がいます。
全然、逃げません。
象に乗っている人間は安全だと分かっているようです。
これから途中で出会う鹿も同じです。
午前中の時は人間を動物も警戒していました。
画像

こんな感じでどんどん奥に入って行くのでこれは予想よりひょっとして凄い!!と思い始めて、
画像

え〜!あんな深い川を渡るの?と前を行く象を眺めて、
画像

この辺は間隔を置いてゆっくり川を渡って行くのですが、
画像

左の象が立ち往生です。
画像

カヌーもこの様子を眺めています。
画像

我が家はベテランの方の象使いでしたからこの様子を見守りながら若い子に指導をしていましたからこの写真が撮れました。
もう一度、岸まで戻って仕切りなおしをしていました。
画像

この位の深さですから乗っている方も怖いです。
画像

我が家の象は難なく渡ってくれたのですが怖かったです。
画像

やっと、みんな渡った所で我が家の象はしんがりを勤めるようです。
画像

出発から1時間以上たちました。
そろそろ終りなのかなと思うぐらい十分に乗ったのですが今度はジャングルの奥深くへと行きます。
画像

午前中のトレッキングの比ではない大木が茂るジャングルです。
画像

象使いの人は足で象の耳を押しながら合図をしているようでした。
画像

やっとジャングルを抜けて2時間弱で、
画像

終了となりました。
ハラハラドキドキの連続でした。
初めて象に乗りましたが結構、揺れるので写真を撮るのは難しいです。
画像


午後は雨にあう事もなく天気も回復かと思ったのですが。
明日は5時間位をかけてポカラに移動します。
いよいよヒマラヤのアンナプルナ連峰の展望を楽しみに移動します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
像に乗ってみたい!
カスミッシモ
2012/09/28 18:12
カスミッシモさん
象に乗った素晴らしさ、ダイナミックさが伝わったでしょうか?
これは本当〜に良かったです。(笑)
izumi
2012/10/01 13:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
20120927チトワン国立公園でエレファントサファリを楽しむ(3日目の後編) 2012年7月から3ヶ月間シンガポール滞在記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる