2012年7月から3ヶ月間シンガポール滞在記

アクセスカウンタ

zoom RSS 20120927カトマンドゥ市内観光(7日目の後編の2)

<<   作成日時 : 2012/10/01 13:04   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012年9月20日(木)


ガイドさんと分かれると、チョット地図を見ようと立ち止まるとすぐになんだ、かんだと声をかけてきます。
これがおかしいくらい必ず声がかかります。
そして日本人となぜが間違いなくわかるようです。
私は一度、台湾?と声をかけられましたが。


私達も少し高い塔の階段に腰を掛けています。
広場に入る数箇所には入場料を払うポイントがあります。
けっして入り口でチケット切るような所ではありませんから地元の人もどんどん入って行きます。
私達は一度、入場料を払っていますからパンフレットを見せればそのままは入れます。
外国人を見るとチェックが入ります。

こんな空間なのに車が出入りする所が日本の感覚と違う所です。
画像


画像

この塔は梯子を掛けて青年2人が屋根に生えた草むしりをしていました。
急斜面の所を命綱もしないで作業をしていました。
画像

綿菓子を売っている少年です。
しばらくすると夫の所にも来ました。
首に掛けていた双眼鏡に興味を持ったので見せて上げました。
身振りで「遠くの物がこんなに近くに見える!」と目を輝かせていました。
「働いている子供には綿菓子分のチップをあげてもいいんだ。」と言って夫はあげていました。
画像

今日は、ヒンドゥー教の女性の祝日ですからとてもにぎやかで至る所でみんな集まって踊っていました。
若い子は恥ずかしがってなかなか踊りません。
画像


画像


画像

夕方、ホテルに帰る途中に見た、乗り合いバスです。
画像

今日は最終日ですからビールで乾杯です。
画像



長かったネパール旅行でした。
着いたとたん、全てに想像以上でしたからショック状態でした。
排気ガス、道の悪さ、あちこちに捨ててあるゴミ、朝夕に行われる計画停電(ホテル内は影響なし。)、ホテルでバスタブにお湯を張ると薄茶色している。
あげればきりがありませんが最終日にカトマンドゥに戻って来た頃には全然と言っては語弊があるかもしれませんが気にならなくなりました。
最後まで気に障ったのはバイクや車の警笛でした。

まだまだ発展途上の国ですからこれから少しずつでしょうが良くなって行く事を期待したい所です。


最終日、カトマンドゥの空港は男女別々になっていてボディーチェックを確か4度受けました。
インドやネパールは麻薬の取り締まりが特に必要なようです。

今週の10月5日(金)に日本に帰国します。
次の日から3連休になる事を最近になって知りました。
夫が「テントを担いで山に行くか!」なんて言っていましたがさすがに無理ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ネパール旅行面白かったですね。
一緒に同行させてもらったような気分で読ませて頂きました。
ありがとうございました。
カスミッシモ
2012/10/02 07:57
カスミッシモさん
以前は日本航空の直行便が飛んでいたので多くの観光客が入っていたようです。
お店の方やガイドさんの話だと最近は中国人ばかりだと言っていました。
ブログにはのせませんでしたが象に乗ったあののどかなチトワンで魚釣島は中国の領土だ!(もちろん中国語ですが見当はつきました。)
ベンチに数日前に書いた落書きがありました。
こんな素晴らしい空間を旅行しているのに寂しい気分になりました。

日本人の印象はかなり良かったので少し安心しました。
izumi
2012/10/02 14:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
20120927カトマンドゥ市内観光(7日目の後編の2) 2012年7月から3ヶ月間シンガポール滞在記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる